私は子宮頸管妊娠を2回経験しました。その経験から考察したことを以下のように、このブログに記録しました。よろしくお願いします。

目次

頸管妊娠はたいへん稀な異所性妊娠

頸管妊娠とは受精卵が子宮頸管と呼ばれる細い管状部分に着床してしまうこと。

通常、受精卵が着床するのは子宮体部ですが、頸管妊娠の場合は何らかの原因で子宮頚管に受精卵が着床してしまいます。

発生頻度は1万件に1件程度。受精卵が動脈の走った狭い子宮頸管で成長してしまうため、しばしば大出血をおこし、子宮摘出を余儀なくされる事があります。

しかし、近年薬物療法(メソトレキセート、MTX、抗がん剤)によって子宮を温存しながら治療をして完治できるようになって来ています。

頸管妊娠は近年、体外受精の増加とともに増える傾向にあります。

1回目の頸管妊娠

初の顕微授精で子宮外妊娠

顕微授精、胚移植の結果、子宮外妊娠の疑い

2012年12月末にICSI(顕微授精)をして、妊娠陽性判定が出ました。しかし、妊娠5週で胎嚢が見当たらず、子宮外妊娠を疑われました。

そして、その後の診察で、HCGの上昇の割に、子宮内に胎嚢が見あたらず、子宮外妊娠を疑われ自宅安静になりました。

そんな中、正月休み中2013年1月3日に結構な量の出血を起こし救急外来を受診しましたが、そのときは休日だったため帰宅しました。

頸管妊娠の診断

翌日1月4日の病院で再度検査したところ、HCGの値(妊娠6週を過ぎていましたので3万を超えていました)の割に子宮に胎嚢が見つりませんでした。

その結果、産科にて精密検査をしました。MRIと血流を見ながらできるエコーををやりました。

すぐに子宮頸管に胎嚢が見つかり、子宮頸管妊娠と診断され、緊急入院となりました。

頚管妊娠の治療

入院して翌日にすぐに、胎嚢を下から針で穿針して吸引し、メソトレキセート(MTX)を局所注射しました。

出血の可能性が怖いので、入院中はずっと点滴をしたままでした。それから5日間またメソトレキセートを全身投与し、HCGの低下を待ちました。

最後に、壊死をした胎嚢の所を全身麻酔の手術で摘出し退院となりました。

入院管理されていたため、出血は少ない量がだらだら続く感じで事なきを得ました。大量出血におびえる毎日でした。合計34日入院していました。

2回目の頸管妊娠

まさかの2回目の頸管妊娠

顕微授精、胚移植の結果、2度目の頸管妊娠の疑い

2回目の頸部管妊娠について書きます。2013年6月に凍結胚移植をして、判定日に陽性判定が出ました。しかし、その後HCGが2000近くあるにもかかわらず、子宮内に胎嚢がみつからず、再度、子宮外妊娠を疑われました。

2回目に子宮外妊娠を疑われたときは、速やかに病院に管理入院となりました。

2回目の頸管妊娠の診断

エコー、MRIなどで頸管に胎嚢が見受けられ、頚管妊娠と診断されました。MTX(抗がん剤)の全身投与を5日間受けて、それから胎嚢を穿針して取りました。

2回目の頸管妊娠の治療

その後少しして、MTX(メソトレキセート)を局所注射しました。

対応が速かったため大量出血の可能性は少なかったのか点滴などはせずに済みました。出血も少なかったです。

最後にまた全身麻酔で、壊死した胎嚢の箇所を全身麻酔の手術で摘出し退院となりました。36日も退院までかかってしまいました。

2回目の子宮頸管妊娠は妊娠5週という早い時期で、経過入院をさせてもらったために、速やかな処置ができました。

自分なりに考えた原因と対策

過敏性腸症候群が原因?

1万件に1件の確率という子宮頸管妊娠を2回も経験した原因を考えてみました。

私は長年過敏性腸症候群に悩まされています。下痢型で、お腹を壊してる日がほとんど・・・。

自分でも腸が動きすぎてるのが分かります。そこで、子宮も腸と似た動きをしているのではないかと考えました。

子宮も腸も内蔵平滑筋から出来ています。私の場合自律神経が狂い気味なので、内蔵平滑筋を司る神経が動きすぎる命令を出し、子宮が不妊治療の移植時に動いてしまっているのではないかと疑いました。

つまり、移植時の子宮の動きによって、移植した受精卵が押し出され、押し出されてもなお生命力が強く、子宮頸管に着床してしまったのではないかと考えました。

子宮頸管妊娠にならないための私なりの対策

2回目の頸管妊娠以降移植時にズファジランという子宮収縮抑制剤を服用していれば防げるのではないかと思い、病院に薬を出してもらいました。

1万分の1の確率の頸管妊娠が2回続くのはただの偶然とは思えなかったからです。

現にそれ以降の凍結胚移植では頸管妊娠にならずに済んでいます。頸管妊娠になったときは、調べても情報が少なく、不安に思った記憶があります。

あくまで私の場合を考えた上での素人考えでの結論です。

参考
本当にIBSの女性子宮外妊娠、不成功に苦しむこと
News-Medical.net

病院の先生方も原因ははっきりしないようでした。不妊治療をしたことが原因なのか、しなくて通常の妊娠でも頚管妊娠を起こすのかは不明ということでした。

子宮頸管妊娠を経験した結論

子宮頸管妊娠を2回も経験したことはとても苦しい経験でした。が、適切に病院の指示に従い、メソトレキセート(MTX)での治療を行い、子宮を温存したまま完治することができました。

子宮頸管妊娠の原因は不明ですが、私の経験が何かのヒントになってくれればと思います。これからの医学で分かって来る事を期待します。

ホーム/頸管妊娠体験記