おはようございます。お弁当を作って一息ついています。昨日、娘の未熟児フォローアップ外来に行ってきました!旦那さんが仕事をお休みしてくれて3人で行ってきました!

娘は、月齢1歳0ヶ月、修正月齢11ヶ月で、身長68.1cm体重6920gでした!

診察の結果としては、極低出生体重児(未熟児)としては成長が順調で、とくに療育や成長ホルモンの必要はなかったです。ほっとしました。

目次

フォローアップ外来先生への質問

  • Q.「成長がゆっくりで成長ホルモンの必要はあるんでしょうか?」
    →A.この月齢のお子さんは成長がだんだん鈍くなってきます。お子さんは、ゆっくりでも体が大きくなっていますので、早く生まれたわりには順調。成長ホルモンの必要はないと思います。3歳ぐらいになると成長が追いついてくるのではと思います。
  • Q.「発達はつかまり立ちをしたり、正座座りならよく家でやっています」
    →A.修正月齢だと11ヶ月で、つかまり立ち、おすわりができる、反応もいいので問題はないと思います。療育の必要があると市役所の方で判断があったなら(来月一応市役所の作業療法士さんの面談を受けるので)、紹介状を書きます
  • Q.「離乳食を食べなくて困っています」
    →A.焦らず食べさせて行きましょう。たとえ今食べなくても、いずれは食べる時が来ます。今は、食材の食感や味を覚える時期、いろいろなものを食べさせて、慣らしていくだけでもいいです。あまり離乳食を食べなかったとしても、3回食に進みましょう。
  • Q.「頭をぶつけたりすると、頭がへこんでしまって心配です」
    →A.頭のてっぺんは生理的に開いていて柔らかい時期です。凹んだとしても治りますので、心配ありません。

こんな感じで、心配していた療育の必要性や、成長ホルモンは今のところ必要はないということで診察を終えました。本当にひとまず安心しました。最後に娘の鉄分が足りてるかどうかの採血をしました。

採血、痛そうでかわいそうでした。その数値を見て、次回の診察で鉄のお薬の継続かどうかを決めるそうです。

子連れの遠出や外出は大変です

この日は旦那さんも一緒だったので、一緒に説明が聞けてよかったです。また来月、療育の紹介状が必要かもしれないので、クリスマスの頃にフォローアップ外来に行きます。

病院で待ち時間待っていたり、ミルクを飲ませたり、オムツ替えも、大変でした。娘が泣いてしまったり、動いてしまって、最近オムツ替えも大変です。

赤ちゃん連れの(月齢は本日で1歳1ヶ月だけど)、外出は大変ですが、大きくなるまでのうちと思って、頑張って外出してみます。

来月のクリスマスの診察は旦那さんはお休みが取れないので、娘を連れて私が行って来ます。頑張るぞ!

ホーム/BLOG/2017年11月の未熟児フォローアップ外来