今日は娘のお食い初めをしました!生後287日でのお食い初めです。

目次

お食い初めとは

百日祝い(ももかいわい)とは、日本、中国、韓国の新生児の生後100日目(または110日目、120日目)に行われる儀式。日本ではお食い初め(おくいぞめ)とも呼ばれている。

個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始める。この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。

wikipedia

なかなか行うことができなかったお食い初め

娘は極低出生体重児(未熟児)で生まれて、生まれてすぐにNICU(新生児集中治療室)へ入院し、生後100日では体も小さくお食い初めができる状態ではありませんでした。

出生から9か月たち、体もずいぶん大きくなりました。今日は夏にしては涼しかったので、やっと娘のお食い初めをしました!

とはいっても、じーじとばーばの家で家庭的に行いました。ばーばの煮物に、魚屋さんで鯛を買ってきてやりました。両親と祖父母だけで、こじんまりと行いました。


後ろに立っているのは旦那さんです。娘、まだお座りは支えがないとぐらついてしまいます。

娘、上の歯、下の歯がそろそろ生えてくるみたいです。白いものが見えてきました。これから歯みがきも注意してやってあげたいです。

私は幼いころから歯が丈夫ではなかったので、娘にはしっかり歯磨き習慣をつけてあげたいです。

娘が、すくすくと元気に育ってくれることを願って、お食い初め、無事に終わりました。

盆踊り大会を見てきました

帰りに近くの公園の盆踊り大会をちらっとのぞいて帰ってきました。涼しい日だったので、ちょっと風邪気味になってしまいました。現在ちょっと熱がでてきてしましました^^;

でもいい一日だった~。

ホーム/BLOG/生後287日でのお食い初め