こんばんは~。娘ちゃん、やっと寝ました。最近、日中ぐずっているし、夜中は突然泣き出したりと、大変ですが、これも赤ちゃんの心の成長なんですよね。

さて、昨日は7月のフォローアップ外来に行ってきました!

旦那さんが会社をお休みしてくれて、娘と3人で行ってきました。病院まで車で片道1時間です。

目次

フォローアップ外来とは?

フォローアップ外来とは、うちの子は早産児で極低出生体重児のため、生まれた病院で、成長をフォローして見て行く外来のことを言います。1か月に1回程度通っています。

小児科に到着して身長体重の計測!

病院の小児科に到着して、最初に計測しました。娘は生まれて9か月、修正月齢7カ月です。身長は62.3㎝体重は5995gになりました!

本日の診察での質問

Q.ミルクの飲みが少ない気がします
A.今の体重から考えると問題ないです

Q.いまだに驚愕反射(モロー反射)があるのですが心配です
A.修正月齢7カ月では驚愕反射はまだ残っていることもありますよ

Q.顔に湿疹が出来ています
A.軽い乳児湿疹だと思います

Q.左右の足の動きのバランスが違うみたいで心配しています
A.診察した感じではそういう感じでは無いので、大丈夫だと思いますよ

先生のお話では、娘は1歳ぐらいから、体格が普通に生まれた子に追いついてくるのではないかということでした。乳児湿疹のお薬も一緒に出してもらいました。

特に嘔吐の回数も増えてはおらず(うちの子は胃軸捻転で嘔吐が多いので注意して見ています)、診察は次回から2か月に1回になりました。

次回は9月末にフォローアップ外来に行きます。何事もなくて良かった~。

人一倍心配だけどまだ判断つきかねることも多い

低体重児なので、成長過程でさまざまなリスクの確率が高く、人一倍、いろいろと心配になるのですが、注意深く見守って、適切に対処してあげようと思います。

発達障害系のこととか脳性麻痺系のことは、この月齢では判断できないと思いますし、心配しすぎても仕方のない部分もあるとは思います。

それでも、早めの対応が良い事もあるので、娘の様子を普段からよく観察はしていようかなと思います。

早いもので8月ですね!あっという間でした。育児をしていると一日あっという間に過ぎていきます。暑い夏ですが、お祭りや夏休みなどもあるので、家族で楽しんでいきたいと思ます。

ホーム/BLOG/極低出生体重児の娘の7月のフォローアップ外来