おはようございます!昨日はベビーくもんに行ってきました!

今回が2回目です。修正月齢6か月のうちの子にはちょっと早いかなあとも思ったんですが、お友達に慣れるのもいいかなと思いまして、通っています。

なお私自身は、公文の教室に通ったことはないので、ベビーをやっているときに教室にいる小学生くらいの子が勉強する様子をみて、初めてこういうところなんだな~と思いました。

目次

ヘビークモンは家で親子で遊ぶのがメイン

ベビーくもんは、毎月、冊子や絵本と歌などの教材が配られるので、それを家で親子であそぶというのがメインです。その様子などを連絡帳に書いて持っていきます。教室では、月1回みんなで歌と絵本を30分くらいやって解散になります。月謝は2160円です。

教室の内容はみんなで歌と絵本

今回も、一カ月にあったことを書く「連絡帳」を先生に提出しました。先生が読んで返してくれます。教室の内容は、先生が歌と絵本をやるので、みんながそれを囲んで遊ぶというものです。

通っている教室は集団での教室

他の公文の教室では、親子と先生が一対一でお話をするところが多いみたいですが、私が行っている教室は、ベビークモンの会員が多いみたいで、みんな一緒に歌と絵本をする形式だということです。

教室の様子

教室の様子は、少し大きい子は絵本と歌をよく聞いて、楽しんでいました。もっと小さい子とかは、途中で飽きてしまったりといった感じも少しありましたが、絵本と歌とお友達の中に慣れさせるという点では良いなと思いました。

娘、後半はちょっと飽きてきたみたいですが、お友達にも慣れてきたようです。6か月くらいから2歳くらいまでの親子が8組いらっしゃいましたが、ちょっと大きい子は目を輝かせて絵本を見ていて、ほほえましかったです。

2回目のくもんは娘、泣きませんでした

娘、なんせ一人っ子ですから、集団になれることも必要かなと思います。2回目の今回は、娘泣きませんでした。良かったー。やっぱり場所見知りは慣れるとよくなるみたいです。

赤ちゃんはいろんなことを分かっている

娘ちゃんも家で読み聞かせをすると、まだ小さいのに一生懸命、本を読んで聴いています。赤ちゃんって意外といろいろなことが分かるのかもしれませんね。

子供が小さい時期って、脳の発達もすごくスピードが速いと思いますので、いろんなことを体験させてあげたいと思います。

くもん、来月も通います☆

ホーム/BLOG/2回目のベビークモンの内容