こんにちは~。今日は娘と、「公文の教室」に行ってきました!0歳から始める、「ベビー公文」のおためし体験があったので、申し込んでみました!

目次

お試し体験で教室へ行きました

今日は教材の簡単な説明と、読み聞かせ体験、先生のお話を少ししてもらいました。なかなか良さそうな教室でした。早速絵本の読み聞かせを試してみたいと思います。

私自身は公文式の勉強はしたことが無かったので、どんな感じか全くわからないまま行ったのですが、教室に入ると、小学校低学年くらいの子たちがプリントの勉強をしていました。

私は塾っていうと、がちがちの授業を思い浮かべてたのですが、先生は女性のベテランの先生と比較的若い男性の先生が居ました。個人個人自由な感じでプリントに取り組んでいました。

のびのびやっているみたいでいいなと思いました。

教室での娘

肝心の娘の様子ですが、教室ではずっとおとなしくしていてくれました。

先生が絵本を読み聞かせてくれると、じっと見て聞いていました。まだ修正月齢で5か月だけど、読み聞かせてあげるときちんと聞いているみたいです。効果はありそうでした。

なぜ公文を申し込んだか

娘は極低出生体重児で生まれて、きっと体格的には周りの子に追いつくのも時間がかかると思います。なので、読み聞かせや、発達を伸ばしてあげるという点で、何かしてあげられないかと思い、探したところ、公文の教室が近くに見つかりました。

娘とどう遊んだり、どう接してあげたらいいいか、正直私は今まで分からないでいました。

私自身、幼いころあまり読み聞かせをしてもらえなかったのか、子供向けの歌などの知識も驚くほど無かったり、本もあまり読まない大人に育ってしまいました。

もともと私はいろんなことに不器用なタイプですし、幼児期の娘への接し方に私は自信がなく、教材など月ごとに提供される公文はちょうどいいかなと思いました。

通いやすそうな環境

自宅マンションの向かいに公文の教室があって、徒歩2分くらいで通いやすそうです。

月謝は入会金なしで月に2160円なので、携帯の乗り換えで通信費が浮いた分のお金を回せそうです。

とりあえずまた2週間後に公文の教室を再訪します。私の家の近所の公文の教室では、赤ちゃんクラスに8組いるそうです。クラス単位でも個人単位でもどちらでも教室に通えるそうです。

とりあえず、月1回のクラスに申し込んでみました。

家の近くの知り合いもいないので、どなたか顔見知りもできたらいいなあと思います。

将来は少しでもいろんなことに賢い子になってくれて、娘が幸せに近づけるといいなあと思っています。

著者

ひろりす

3歳の女の子の育児をしています。私自身は自閉症スペクトラム障害を持っています。でも毎日頑張って生きています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホーム/BLOG/ベビー公文に行きました