ひとりごと更新になります。

目次

ネガティブなことを考えがちな季節の変わり目

私は季節の変わり目に体調を崩しやすいのですが、精神状態も崩しやすいです。

特に精神的に病気というわけではないレベルでの話なのですが、いろいろ考えてしまって、落ち込みもしやすい季節です。

いろいろというのは、過去のことが走馬灯のように流れてきて、なんだか自分は長くは生きられないんだろうなーなんてぼんやり考えていたり。

ネガティブですね。でも本当に体のあちこちが不具合がでているので、頑張ってもあと10年か最長で20年くらいかもなあって思ってしまいました。

過去のことというのは、どうやら私は人並みに物事をしようとすると、いちいち死にかけてしまう運命みたいです。

災難な病気のオンパレード人生

事故みたいな病気によくなるんです。例えば子宮外妊娠も昔だったら助からなかったような事例でしたし、妊娠高血圧症にもなりましたし。これも昔なら助かりません。

そのほかにも、いろいろ危ない局面があって、今までの10年で現代医療がなければ5,6回命を落としていたと思われます。

瀕死を繰り返してもう気力体力が残っていません

普通に生活したいだけなのですが、私の場合瀕死になってしまうことがおおくて、瀕死から復活を繰り返すこと数回ですので、もう体に余力が残ってないし、人生に対する気力も残っていません。

これから育児長いのになあ~。それではいかんのですが、、、残りの気力も、体の力もあと少ししかない。娘のために気力は振り絞るとしても、体がすでに傷んでいます。

こまりましたが、私はどうも人並みのライフイベントをこなそうとすると、何か目に見えない力による導きで(怪しい書き方ですが)

死にそうな苦労を経ないと、人並みのライフイベントを超えられないみたいです。これからも、何が起こるかわかりませんので、警戒していますが、どうにもならないんですよね。

祈りが届くものなのならばおだやかにくらしたい

もう一生分いろいろあったので、これからはアクシデントが無いようにと祈っているのですが、私の場合、アクシデント運命に取りつかれてるからそうもいかないだろうなあ。

お願いですから、おだやかに暮らしたい。それだけで十分です。おねがい!

ホーム/BLOG/【独り言】人並みのライフイベントをこなそうとすると瀕死になる人