こんばんは~。夕飯の支度が完了しました。娘は寝ています(すぐ起きる予感がしてるけど)。今日は娘の皮膚科に行ってきました。娘っ子、顎の下や首のところ(お肉に隠れてるところ)に、赤い湿疹ができています。

目次

娘の皮膚科に行きました

きっと、ミルクの吐き戻しが多いので、吐いたミルクが肌についた刺激で湿疹になってしまったのだろうと思いまして、病院で見てもらいました。弱いステロイドとワセリンの混合塗り薬を出してもらい、3日くらいで治るだろうということでした。良かった。

居住地は若い親子連れが多い地域

ベビーカーで行ったのですが、病院終わって薬局でお薬を待っていると、周りは5組くらい見事に赤ちゃんや小さな子連れのお母さんたちでした。

私は首都圏の郊外に住んでいるのですが、新興住宅地で若い夫婦が多く、親子連れをたくさん見かけます。

子供に恵まれなかった期間はこれが本当につらかったです。周りを見れば妊婦さんや子連れの方たちで、治療中の身には辛く感じました。

10年間続いた夫婦二人の生活

今でも私は、自分が街の「お母さんたち」の中に入っていることが信じられません。

というのも、私たち夫婦は結婚して10年子供が出来なかったため、自分も子連れで街を歩いているのに、依然としてどうも慣れていないのです。

娘が生まれて半年以上経過しているのですが、夫婦二人の10年があまりにも長く、親子三人の感覚がこれからといった感じです。

娘と過ごすのも少しずつ日常になってきましたが、これからも娘との時間を重ねていって、親子三人が、”当たり前”になってくるといいなあと思います。

ホーム/BLOG/夫婦二人が10年間