19時です。ミルクをあげようとしたら、娘っ子、寝てしまいました。最近、黄昏泣きなのか、娘は夕暮れ時になると何の前触れもなく、突然激しく泣き出すことがあります。今日は、妊娠中のことを書きます。

目次

お腹が大きくなる前に帝王切開

私は早産してしまい、妊娠週数31週6日で娘を出産しました。しかも、お腹の赤ちゃんは母体の妊娠高血圧症のため、1000gから体重が増えませんでした。あまりお腹が大きくならないうちに帝王切開で出産をしてしまいました。

妊娠してすぐのころは妊娠線ができたらとか懸念もしていたのですが、結局そういう心配は全く必要ありませんでした。

妊娠高血圧症(昔でいう妊娠中毒症)

私はなかなか子供に恵まれず、やっとの思いで妊娠をしたものの、妊娠中、妊娠高血圧症になってしまいました。

妊娠中期になったころ、血圧が急上昇しました。妊婦検診で妊娠高血圧症が見つかりそのまま即入院、産院では対応できず、大きな総合病院まで救急車で救急搬送されました。

それから2カ月間入院していました。母体の血圧上昇、腎機能の低下、胎児の発育不全などで、31週で帝王切開せざるを得ませんでした。

1058gで生まれた娘

娘は31週で生まれたため、体重1058gで出生後、即、NICU(新生児集中治療室)に入院し、2か月半で退院しました。本当に大変な思いをしました。

娘は極低出生体重児(いわゆる未熟児)として生まれましたが、懸命に生きて、病院の先生やスタッフさんにも恵まれ、無事退院をして、今こうして暮らしていくことが出来ています。

今、いられることへの感謝

母体が原因での早産で、娘に本当に申し訳ないことをしたという気持ちと、懸命に生きてくれた娘に対する感謝の思いでいっぱいです。

妊娠中、お腹もあまり大きくならず、妊婦らしいことをあまり感じないままの入院、出産になってしまったけれど、この時のことは、一生忘れないだろうなあとは思っています。

ホーム/BLOG/お腹が大きくなる前に出産