こんばんは。今日は健康問題です。私は生まれつき筋肉量がなく、体力がなく、非力です。

それだと育児が大変なのでなんとかするようにしました。

今日はかかりつけのお医者さんに行ってきたのですが、私はどうも「サルコペニア」っぽいという話をしました。

目次

年齢とともに筋肉量が低下していくサルコペニアとは?

サルコペニアとは?

サルコペニア
分類および外部参照情報
ICD-10 M62.8
MeSH D055948
サルコペニア(sarcopenia)とは、加齢による骨格筋量の低下と定義され[1]、副次的に筋力や有酸素能力の低下を生じる。筋肉量の低下を必須項目とし、筋力または身体能力の低下のいずれかが当てはまればサルコペニアと診断される[2]。量を制限する食事療法はサルコペニアのリスクを高めると指摘されている[3]

私は41歳なのですが、40代から少しづつ筋肉が落ちていくそうです。

最近、歩いたり、動いたりした後の筋肉の疲れが実感できてしまっていて、何かがおかしいと思って、お医者さんに相談してみました。

40代から始めるサルコペニア対策、やはり栄養運動が大事!

こちらの本を勧められました。栄養やストレッチの方法が載っているそうです。

今日はお医者さんからBCAAのサプリを勧められました。

BCAA*は筋力アップに欠かせない栄養素だそうです。アミノ酸のパウダーを買いましたよ!

*分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids、略してBCAA)

40代で筋力低下は本来、まだ早いんですが、私はもともと弱い体質があっていろんな突発的病気になるのだと思います。

分子栄養学のお医者さんからは、やっぱり糖質制限などの栄養管理と、運動を勧められました。

今から少しづつ変えていかないと、もともと弱い私は将来困ったことになりそうです。

ちょっとでもいいから体質を変えていくしかなさそうです。

ホーム/BLOG/40代から始まる筋力の低下「サルコペニア」について体の弱い人でも今からできる対策とは?