こんばんは〜。娘っ子相変わらず寝るのが遅くて夜12時ちょっと前に寝ました。

もう私も寝ないといけないのですが、ストレス解消に記事を書きます。

目次

ちょっとアイドル話、クリスマス前のお台場に行けることになりました

アイドル話ですが、クリスマス時期にお台場に行けることになったのですが、ライブハウス会場が、ZeppDiverCityTOKYOでライブなんです。

このライブハウスは2015年の℃-uteというアイドルグループの℃-uteの日イベントで行った以来で、3年ぶりとなります。

2016年の℃-uteの日は、妊娠高血圧症による緊急入院で参加できませんでした。

今回は、私は3年ぶりくらいのお台場になります!うろうろしてきまっす!

お台場はヴィーナスフォートの教会広場でよくイベントやりますよね。夏のフジテレビのイベントで Berryz工房と握手したのもなつかしい。

今までで一般事務の仕事が私には向いていた

話題は変わります。私は今では主婦と言っては聞こえがいいですが、無職の身です。

ですが、何度か会社員を経験していますので、そのことについては書けます。

今回は仕事の適性ってあるよねってお話です。

私は新卒で損害の方の保険会社だったのですが、事務の一般職※での採用でした。

※(全国転勤型の総合職より給料が低く、転勤のない重要度の低い仕事が回ってきますが、現在では一般・総合の職の区別をあまりなく採用するようです。)

保険会社の投資部門で、投資するトレーダーの人じゃなくて、裏方の事務関係の仕事でした。

その仕事がいちいち扱う金額が大きくて、一枚の手形がなん億円かになるものの事務処理をやっていて、緊張しました。

ミスをしたら大変です。もちろん何重にもチェックが入りますが、一つ一つのの書類の額が大きくて、それをたくさん処理していたので責任重大でした。

なんとか仕事をしていたのですが、その頃はミスも幸いあまりしなかったので、なんとかこなしていました。

それから会社が吸収合併などいろいろありまして、転職もしましたが、ずっと一般職の事務員をしていました。

コンビニバイトのほうが大きな会社の正社員より仕事がきつかった

そのあと主婦になって、コンビニでバイトをしたことがあったのですが、正直大きな会社の事務の正社員より、コンビニバイトのほうが仕事が大変でした。

金額の大きい事務処理がたくさんの状況より、接客仕事の方が私には辛かったです。

なんていうか、私は発達障害ぎみなので、あらかじめ決まった動きをする事務の仕事の方が断然向いていたらしく、臨機応変な対応が求められる接客は全くと言っていいほど向いていませんでした。

ストレスが大きくてコンビニバイトは続けられませんでした。事務仕事は何年も続くのに、辛すぎてコンビニバイトが1ヶ月もしたらもうギブアッップしてしまい、申し訳なかったです。

コンビニのバイトって時給のわりから考えると、一番大変な仕事だと思います。

同時に何個も仕事をしながら接客と、やることも多すぎるし、今時はお客さんにもいろんな人がいるので、コミュ力が相当高くないとやって行けませんね。

向き不向きもあると思いますが、コンビニの店員さんってほんとすごいと思います。

私はこんな経験があるので、いつもお客さんの立場では店員さんたちには丁寧に接しているのですが。。。

本当に仕事って現場の人がいつも一番大変なのかもしれませんね。いや、仕事って大変なことばかりですよね。

多くの人にとっては働くということは大変なこと

いつも仕事でヘトヘトになって帰宅している旦那さんに感謝の思いです。

私も娘がもうちょっと大きくなったら、家計的にもパートに出ないと・・・(歳が歳だけに社員になるのは無理っぽいので)と思っています。

動作面での要領が超・悪い私にとっては、大変だけれど。

パートも接客が向いていなくて、体が弱くて力仕事ができなくて。。。というと限られてしまいますよね。

今は子供が小さくてどうしようもないですが。そこのところ、本当に悩んでいて、どうしようかなあって思っています。

ホーム/BLOG/アイドル話と今までの経験で感じた仕事の向き不向きのお話