こんばんは。サッカーW杯日本は決勝T進出ですね!おめでとうございます!

大丈夫きっと大丈夫!と思いながらテレビでは無く、Twitterで確認しました。

寝る予定だったんですが、部屋が暑くて眠れません(汗)

目次

専業主婦は家事育児やって当たり前?

育児に関する独り言を書きます。

私は専業主婦なので、1日子供と過ごしているのですが、結構プレッシャーも感じています。

もちろん、この生活に至るまで私はアクシデントが多くて、子供が産まれるまでに不妊治療をしたり、病気をしたりと大変なことが多かったので、感謝して毎日を送っています。

育児のスタートラインに立てるということは本当に奇跡の幸運の連続です。

しかし、専業主婦ということで、「言い訳」が出来ないし、育児家事をちゃんとやって当たり前と考えられてしまいます。

向いている人ならそれでもいいいのですが、私は生活面もあまり優秀な方では無く適当なところが大いにあるし、失敗ばかりしています。

専業主婦って楽なイメージがありますが、「きちんと」全てをこなすというのは、24時間営業ですし、毎日結構な仕事量です。

専業主婦は家事育児ストレスに対する言い訳が出来ない?

1日中、1歳8ヶ月の娘と同じ空間にいますし、平日はほぼ子供と二人でどこに行くにも一緒です。

それはそれで幸せなことなのですが、まだ大人のように喋れる年齢でもありませんし、子供なのでぐずったり、泣いたりも当然ながらあります。

仕事で働いて外で活躍するのが好きなタイプの人だったら、この生活だと煮詰まっちゃうかもなあって今日ふと思いました。

私は、育児のスタートラインに立つのに10年かかったので、娘を授かったことがありがたく、イライラも特にしないです。

でも、もし自分にそういった過去の背景が無くて、育児に一日中対峙していたら、息がつまるかもなあって思いました。

たとえば、夕食を食べてるそばから娘がぐずってまともに食事ができないとか、なかなか寝なかったり、お買い物中に騒いだりすると、困ったなあって思います。(育てやすい子なのにそう思う時もあります)

それと、夫婦二人の生活が10年続き、一人で日中行動していた時に比べると、子連れは行動の自由度がすごく減ります。

そんなこんな細かいことが積もって行くと、お母さんたちのストレスになって行くんだろうなってぼんやり考えました。

専業主婦だとストレスに対しての「言い訳」が出来ないんですよね。やって当たり前、文句言わずに全部こなすのが当然で。

これは、人によってはプレッシャーだろうなと思いました。

平和な日々はありがたいことですが、主婦たちは大変です

私は現在は平和な毎日で、このペースで日々過ごせればとても幸せなことと思っていますし、外で働いてお金をもらうことの大変さもわかりますし、夫には感謝しています。

頭の回転が鈍い私にとっては、外でフルタイム働く方が難しいことです。

(この先、教育費などもかかりますので、パートなどに出るかもしれませんが、私の年齢とスキルでは正社員で今更雇っていただける会社はないと思われますし)

専業主婦ってきちんとしようとすると際限なく仕事がありますし、大変だよな〜ってちょっと思ったので、記事を書きました。

今日は専業主婦も大変なことがあるのよといったお話でした。

ホーム/BLOG/専業主婦は家事育児に対する言い訳が出来ない?