娘っ子の夜泣きで起きました・・・。前回の記事で自分は発達障害云々と書いたのですが、安易に使う言葉ではないと分かってはいます。

自分は発達障害と診断で決まったわけではないし、ただ性格の傾向なのかもしれません。

目次

私は発達障害なのだろうか?

お医者さんの診断もなしに、なんちゃってで言っているのだと思われても仕方ないですが、自分の生育歴とか現在の状況や今までの人生での事、考えて、何冊も関連本も読みましたが、専門の病院に行ったら、まず間違いなく診断がでるという確信?のようなものがあります。

専門病院に行った方が良いのかという話ですが、発達障害専門の病院は混雑していて、数ヶ月待ち、しかも小さな子供がいるのでは定期的に通院することはできないだろうと思います。

しかも私はもう40歳で人生も残り半分。これからの人生というより、発達障害が判明してもうまく付き合って今の状況を維持する感じになると思いますので、今のところ専門の病院に行くことは考えていません。

今までそして現在進行で、コミュニケーションの取り方のおかしさを人から注意されることが多いです。

私のコミュニケーション能力の特徴

会話がうまくできず、場の空気が読めず、表情があまり出ません、注意力が低くものの違いにあまり気づきません。それに反して集中したときの威力が抜きん出ているのか異様な暗記能力を発揮したりします。バランスのおかしさは常々感じています。

歳をとったことで、経験則から笑顔が出た方が良いのがわかっているので、笑顔を出す努力はしているのですが、いかんせん人の何十倍もきっと頑張らないと笑顔はでませんし、特に雑談が難しいです。会話の内容が瞬時に浮かび適切に相手に伝えることが難しいです。

なので集団に置かれた場合黙ってしまうのですが、黙っていると周りから怖がられてしまいますし、何か返そうとすると頭の回路が変なのかトンチンカンな内容を返答してしまいます。雑談の成立が極めて困難ですし、話し相手の表情から内容を読み取ることが非常に難しいです。

困難を極めるであろうママ友づきあい

だから、ママ友づきあいがきっと大変だろうなと思います。人間関係の極みみたいなものですよね。笑顔は頑張ろうと思いますが、頭の会話回路の不具合はどうにもいたしかねるので、これからどうしようかなと頭を悩ませています。

なぜこんなことを書いたのかというと、旦那さんのお母さんに私のコミュ障を直すようにハッキリいわれたからなのです。お母さんは悪くいうのが目的ではなくて、育て方で私の娘が将来孤立したり、いじめにあったりするのを防ぎたくて指摘をしてくれたそうです。

これはこうしたらいいと。笑顔の少なさ、口数の少なさ、無反応なことろ、直した方がいいというところは言われました。それは生きて行く上で不利になるから、娘も将来それで不利な目にあったら困るから。それは正論です。

私は、正直発達障害の脳の回路の問題なので、全部を直すことは難しいですが、頑張ってみますとはお母さんに伝えました。

お母さんは発達障害のことはよく知らないようでしたが、私も今までの人生で自分の特徴は明らかに生きづらさを抱えるというのは痛いほどわかっていました。幼少時代はいじめと孤立ばかりでしたよ。

あ、私の特徴を一言でいうと、アスペルガー症候群で間違い無いと思います。確信があります。

人に対して悪く思ったり、騙そうとか、利用しようとかいう気持ちは全く無いのですが、コミュニケーションの仕方がおかしくて会話が成り立たないので、周りに人が集まらないというパターンです。文章にすると流暢なんですが、会話になるとたちまち回路がこんがらがります。

善処します

この特徴で周りの人にもきっと迷惑もかけたでしょう。特に旦那さんに。娘にはでも、不利な目に合わせたくはないので、顔の表情だけでも頑張ってみようかなと思っています。

一番怖いのが娘への遺伝でしたが、今のところあまり私には似てない顔の表情や動きをしています。その点よかったなと思いますけど、これからの育児、私にとっては、いろんな困難がありそうです。が、娘っ子は可愛いので頑張っていこうとは思っています!

ホーム/BLOG/近い将来困難を極めるであろうママ友付き合いと私の発達障害疑いの確信