昔々、私は受験勉強をたくさんたくさん頑張っていました。

しかし、本当に勉強って、コツコツコツコツ、地道な作業が続きます。文系だったので、学習復習演習をエンドレスな繰り返しでした。

これって、口で言うのは簡単ですけど、やる気を出す、継続してやっていくのってなかなか難しいです。

勉強って始めた最初はいいんですけど、復習の時間とかってつまらないし、やる気も出ないですよね。

目次

勉強しても人は必ず忘れて行く。復習って大事

ところで、復習って勉強には必ず必要で、忘却曲線というのがあって、人って一定時間経つと学習内容を忘れるけど、反復繰り返しをすると、忘れにくくなって記憶が定着する理論があるらしいです。

忘却曲線とは

ある事柄を記憶した後、時間をおいたらどの程度思い出せるか、についての実験結果を図示したもの。1885年、ドイツの心理学者エビングハウスによって以下のように実験が行われた。 まず、一連の無意味つづりを完全に暗記する(原学習)。

その後、一定の時間間隔をおいて再び学習し直す(再学習)。そのとき記憶がどの程度残っているかデータをとる。さらに、再学習では原学習で要した時間の何パーセントが節約できたかを測定する。この結果を表わしたのが「忘却曲線」。

一般に、忘却は原学習の直後に急速に進み、それ以後一定の水準を保つとされる。 コトバンクより

勉強のやる気を出す方法。勉強のやる気を出すのが一番大変

私が点数アップしていった方法はひたすら暗記と繰り返しの術でしたので、やる気を維持するのが大変でした。

勉強のやる気って出すのも難しいし維持するのも難しいですね。

「勉強のやる気の出し方」完全解説。やる気がなくてもやる気は出せる!

勉強のやる気を出すのって工夫も結構しましたよ!↑記事の中に書いてある、音楽を聴いてやる気を出すというのが結構有効でした。

あーだるい、勉強したくないという気分の日でも、好きな音楽を聴きながらなんとなく学習を始めると、維持できたりもしました。

音楽は歌詞のわからないノリのいい英語の曲(懐かしのユーロビート)を聴いていました。日本語だと歌の方を聴いてしまうので。

集中できて来たら音楽を止めればOKです。この方法結構使ってました。

あとは、長い時間続けて勉強はしませんでした。1時間未満に区切ってちょいちょい休憩しながらやってました。

人は幾つになっても勉強できるという自戒を込めて

人は何歳になっても勉強と言いますが、子育てを理由に私もいろいろなことが、結構停滞期に入っています。自戒を込めて記事を書きました。

特に私は専業主婦ですので、仕事に使う脳とか、学習とかの面では脳を使ってないので、いかんなあとも思っています。

頭の体操って幾つになっても大事ですよね(私はぼーっとしてる性格のため年取ったらさらにぼけぼけしてしまいそう)。

将来、旦那さんと娘に迷惑かけないように、頭の方も適度に動かしていかないとなあと思っています。

ホーム/BLOG/勉強のやる気って出すのも難しいし維持するのも難しい