目次

嘔吐原因は胃軸か逆流か

おはようございます。土日も夫婦で娘の面会に行ってきました。頻回の嘔吐の件で入院しているのですが、アレルギー用のミルクを試して数日が立ちました。

嘔吐の回数にあまり変化が見られず、結局は胃軸か逆流かの線が濃厚となりました。

それでも、レントゲンの検査などでは、胃軸か嘔吐かなのかははっきりしたことはわからないそうで。外科的なことも小児外科のお医者さんに、担当の先生が相談されたそうですが、そこまで手術が必要な所見もないそうで。

結局は月齢が行けば治る、あかちゃんの胃が出来上がってないことが原因のようです。対策としてはミルクにとろみをつけて、吐きにくくする。寝かせるときに頭を高くして寝かせる。などの対処療法になりそうです。

大きくなって来れば次第に治るそうなので、それは月日が経つのを待つことにします。ミルクを飲むときに慌てて暴れるのは癖みたいなもので、落ち着かせてから飲ませれば問題ないそうです。

小児科の病室はにぎやか

さて、小児科の病室には6人部屋に赤ちゃん2人と1歳くらいの子が2人いるのですが、一歳くらいの子の一人が、付き添いのお母さんが帰ってしまい、「ママ~ママ~!」とギャン泣き。

隣の1歳くらいの子も、パパが付き添っていたのですが、パパがお昼を食べに行ってしまい、寂しくてギャン泣き。

つられてはす向かいの小さな赤ちゃんが泣きだしました。そんな中うちの子は寝続けていましたが、ものすごい、にぎやかな病室になってしまいました。3人の子の叫び声が飛び交っていて、よく寝ているうちの娘に関心もしました。

赤ちゃんばかりの部屋ってにぎやかになるとすごく大変です。ママが帰ってしまった子は看護師さんに付き添ってもらって泣き止みました。ママがはやくまた面会に来てくれるといいね。

今日もこれから面会に行きますが、病室のにぎやかさはどんな感じでしょうかね(笑)

ホーム/BLOG/にぎやかな病室