ここのところ、ブログについて考えています。

私は文章を書くことが割と好きで、とりわけインターネットの日記をつけるのが好きで続けています。

このブログはアフェリエイトではないので、ブログを書くことって、結構私生活のことが中心になりますよね。

どこまで書いたらいいのかっていつも思います。私のことならともかく、育児日記ということで、子供のことになりますし、まだ1歳なので特に何もないですが、これからブログをどうしていこうかと思う事もあります。

目次

娘には娘のプライバシーがあります

ある程度娘が大きくなったら、育児ブログは終わりにするつもりです。娘も自我が出てくるでしょうし、娘には娘のプライバシーがあります。

不妊治療のことは、私は周りの人には結構オープンにしていますが、将来娘がどう感じるかわかりません。

アメブロの方は個人が特定できる感じの内容は書いてないので、不妊治療関係の記事は様子を見て残しておきますが、こちらのブログの記事は追い追い不妊治療関係は削除してしまおうかと思います。

また、これから幼稚園などに行けば、お友達との関係なども出てくるでしょう。

このブログには、お友達などの他の人のことはあまり書かないことにしていますが、これから娘が集団生活に移行した時には日常的にお友達などの他人との関わりも出て来ます。

そうなると他の人のことをブログに書くわけには行きません。

個性があるブログの方が面白い

ブログって、ある程度書いている人の個性が出た方が面白いんですよね。親近感が湧きますし。

何かの紹介やお役立ち記事のみのブログも有益だし面白いです。でも日記系のブログも「育児」のジャンルだととりわけ、その家の様子や日記の内容そのものも誰かの役に立ちますよね。

でも、人間プライバシーの部分もあるわけで、いろんな情報をかき集めたら、個人も特定できてしまいます。

娘の顔はまだ小さいので刻々と変わって来ていますが、現在、顔の写真は一応、いつもスタンプで隠すことにしています。これから娘の写真自体、載せることをどうしようと思っています。

プライバシーと個性のバランス感覚

プライバシーとブログを書くことって、「バランス感覚」なんだろうなあと思います。ある程度個性を出しつつ、自分のプライバシーはある程度隠すという。

私は平凡な人間なので、特に何かあるわけではないですが、娘のこともあって自分一人の身でもありません。

これからはブログで、プライバシーと個性を出すことのバランスを考えて行きたいなと思います。

ホーム/BLOG/ブログ記事と娘のプライバシーについて